転職に備える

看護師が転職に向けて備えることはないでしょうか。ある程度のスキルを持って転職をするのであれば、即戦力として自分を売り込めるような面接の返答を用意するべきですし、まだ学ぶ必要がある時期であれば、今後転職先でどう学び、どんな看護師になっていきたいのかをアピール出来るようまとめておくといいでしょう。どのような理由であれ、今の職場では勤められないと考えが行き着いた場合は、ストレスフルな毎日を送るよりも、環境を変えて自分のスキルを活かすことを考えてもいいのではないでしょうか。看護師の求人は豊富にあると言える状況なのが転職を希望する方には嬉しいですね。では、ここで看護師の転職理由のランキングを見て参考にしてみましょう。

第1位 給与に不満がある。 査定への不満や、スタッフ間の評価の違いへの不満。
第2位 やりがいを感じない。 異動などで希望の配属先ではなかった場合にやる気が削がれてしまう。
第3位 施設タイプを変更したい。 大学病院から一般の総合病院などへ。
第4位 残業や休日出勤を変えたい。 家事や育児との両立や、プライベートの充実を優先に考える。
第5位 人間関係。 特定のグループや派閥などが転職の理由に。

出典 看護CUBE 看護師が転職する理由ランキングより 抜粋

こちらでは省きましたが、下位にはちょっとびっくりするような内容も含まれています。そこに並んでいる理由を見てみると、看護師にも、どこかで他の職種の会社員と同じように心機一転のタイミングをはかることがある、ということでしょうか。他のサイトでは人間関係が1位だったりと、少しずつ違いがあるようですが、人間関係はどこのサイトを見に行っても上位にあるようです。今の職場に問題はないけれど、家族の転勤について行くことになった場合は必然的に転職を迫られてしまいます。そんな場合にも対応できるよう、色々な可能性を含めて転職を考えてみる必要があるのかもしれません。体を壊さず、看護師としてしっかり長く勤めるために転職が必要あれば、迷う必要はありません。勤め先が専門看護師や認定看護師の資格取得に前向きではないなど、スキルアップへの意識の違いは辛い状況と言えます。その場合も、自分で勤務先を変え、環境を変える必要に迫られるので、頭の片隅で「看護師として、どう長く勤め、スキルアップを計るのか」を考えてみましょう。

それぞれの理由に応じて退職した看護師がいることを、求人を出している病院は把握して上で受け入れ態勢を整えていると言えます。キャリアアップを計る看護師を支援している病院であれば、研修制度の充実や実務経験重視の看護を率先して行っています。転職の際に以前の職場で感じたような違和感や辞めたいと思った理由をすぐに感じることがないように、履歴書が通り面接に進んだ際にはそういった行き違いがないように努めなければなりません。転職した場所で同じことを感じてしまうと、行き場がなくなってしまうような息苦しさを感じてしまいます。なぜ転職するのか。そこを明確にした上で、同じことを繰り返さない努力も必要になります。その場に馴染み、看護師として働きやすいかどうかをじっくりと考えて転職活動を行うといいでしょう。焦らず考えることをおすすめします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です